<芸能人!気になるニュース!>

2008年08月12日

サッカー女子

日本代表なでしこジャパンは12日、1次リーグ最終戦のノルウェー戦に臨む。ここまで1分け1敗の勝ち点1で、決勝トーナメント進出には勝利が最低条件となる。ノルウェーは00年シドニー五輪金メダルの強豪だが、3度目の五輪出場のMF沢穂希(29)はゴールに絡むことを宣言。崖っ縁から決勝トーナメント進出を狙う。

 ノルウェー戦を翌日に控えたなでしこジャパンは11日、上海市内の大学構内で非公開での最終調整を行った。引き分け以下で1次リーグ敗退が決まるが、2点差以上の勝利なら2大会連続の決勝トーナメント進出が決まる。第2戦の米国戦は0―1で敗れて決定力不足を露呈したが、同じ失敗は繰り返せない。MF沢は「とにかく結果を残すだけ。どんな形でも点を取るしかない。自分はアシストでも貢献したい」と決意をにじませた。

 相手のノルウェーは前々回大会の覇者で、FIFAランク5位の強豪。なでしこジャパンは96年アトランタ五輪、99年女子世界選手権(女子W杯)で対戦し、いずれも0―4で大敗した。その両方の屈辱をピッチ上で味わったのは沢だけ。雪辱の思いは誰よりも強い。「なでしこは追いつめられた方が強い」と自らに言い聞かせるように勝利を誓った。

 立ち上がりが勝負の分かれ目となる。なでしこジャパンはここまでの2戦、いずれも先制点を奪われて後手を踏んでいる。対するノルウェーは全3得点を前半8分までに挙げている。佐々木監督は「立ち上がりで焦らずに、いつも通りに仕掛けたい。選手に自信を持たせてピッチに立たせたい」と気持ちで負けないことを一番のポイントに挙げた。

 昨年2月のキプロス遠征では、FW大野のゴールでノルウェーに完封勝ちしたように、全く歯が立たない相手ではない。男子は早々と1次リーグ敗退が決まり、沈滞ムードが漂う中、なでしこジャパンが日本サッカー界最後のとりでとして出陣する。(スポニチより引用)

本当に点を取り巻くならければ全くだめでしょう
勝つには・・・
posted by Milk at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング
ファン
【免責事項】
当サイトは記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。また、サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。 万が一不適切な記事、リンク等がありましたら早急に対応いたしますで、恐れ入りますがご連絡をお願い致します
Powered By 画RSS
くる天 人気ブログランキング
ブログパーツ 無料レンタル