<芸能人!気になるニュース!>

2008年08月12日

荒勢

 大相撲元関脇でタレント荒勢(あらせ、本名・荒瀬英生=ひでお)さんが11日午前5時54分、急性心不全のため、高知市内の病院で死去した。59歳だった。72年初場所初土俵で81年秋場所限りで引退。83年2月に日本相撲協会を退職し、タレントに転向した。現役時代は猛烈ながぶり寄りともみあげで人気。04年に脳梗塞(こうそく)で倒れてからは入退院を繰り返していた。通夜は12日午後6時から高知県いの町ハートホーム紬(つむぎ)で、葬儀・告別式は13日午後1時30分から同所で。喪主は母荒瀬孝子(あらせ・たかこ)さん。
 長いもみ上げで「野武士」の異名を取った荒勢さんが、ひっそりと息を引き取った。関係者によると、荒勢さんは04年に脳梗塞で都内の病院に入院。必死のリハビリで快方に向かったが、今年4月に再び脳梗塞で倒れ、故郷の高知市内の病院に入院。同時に腎臓がんも発見されたという。現役時代に体重151キロあった巨体は、やせ細り、友人の1人は「本人も高知に戻った時から覚悟していたようです」と話した。この日未明に容体が急変。同県いの町の実家から母孝子さんが駆け付けたが、最期をみとることはできなかったという。
 荒勢さんは日大相撲部を経て花籠部屋に入門し、72年初場所で初土俵を踏んだ。右四つからの激しいがぶり寄りで番付を上げ、3役を通算11場所務めた。長いもみ上げが特徴で人気力士となり、横綱輪島の土俵入りの露払いも務めていた。81年秋場所限りで引退した後は年寄間垣を襲名したが、83年2月に日本相撲協会を退職。タレントに転身した。
 明るいキャラクターと「野武士」の風ぼうを買われ、83年の映画「陽暉楼」で俳優デビュー。86年にはテレビ朝日「トゥナイト」でふんどし姿で温泉リポーターを担当した。知名度を生かして01年7月の参院選には自由連合の比例代表候補として立候補したが、2711票しか獲得できずに惨敗。以降は表舞台に姿を見せることも少なくなった。
 豪快なイメージからウイスキーのCMに出演したこともあったが、関係者は「まったくの下戸で、タバコも吸わなかった」と話した。同じ日大出身で兄弟子だった放駒親方(元大関魁傑)は「けいこ熱心で立ち合いの馬力はすごかった。最近は付き合いもなかったが、若すぎるよね」としみじみと話した。荒勢さんは99年10月に11歳下のレストラン経営者と結婚するも既に離婚していた。 (ニッカンスポーツより引用)

はっきりと言ってるようで聞こえにくい喋りだったよね〜
でも最近TVには出てなくてどうしてるのかと思ってましたが・・・
ラベル:死去 荒勢
posted by Milk at 12:42| Comment(0) | 死去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング
ファン
【免責事項】
当サイトは記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。また、サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。 万が一不適切な記事、リンク等がありましたら早急に対応いたしますで、恐れ入りますがご連絡をお願い致します
Powered By 画RSS
くる天 人気ブログランキング
ブログパーツ 無料レンタル