<芸能人!気になるニュース!>

2008年08月12日

北島康介!!嬉しい悲鳴

 世界のキタジマの偉業に地元・東京都荒川区も沸いた。11日、北京五輪の競泳男子百メートル平泳ぎで五輪連覇を果たした北島康介(25)の実家の精肉店「肉のきたじま」には名物のメンチカツを求める人で長蛇の列ができあがった。従業員によると通常の3倍の量を用意した盛況ぶり。さらに商品を卸している老舗百貨店の高島屋日本橋店では、午後2時ごろに“北島印のメンチカツ”関連商品が売り切れるなど「北島景気」に沸いた。
  ◇  ◇
 揚げても揚げても追いつかない。名物メンチカツを求める人の列は、時間を追うごとに長くなった。午後4時ごろにピークを迎え約50人が並び約40分待ち。ある従業員は「3000個ぐらい用意している。いつもの3倍ぐらいかな」とうれしい悲鳴を上げた。
 きりがないため、午後5時過ぎに販売打ち切りを決定。列の最後尾に「こちらのお客様で完売です」と書かれた紙が手渡された。最後は1人2パック(1パック5個)の制限がかけられ午後6時半に完売。最後尾の後に並んだ女性が「どうしてもほしい」と5分間ほど粘ったため、子供にプレゼントされるミニメンチで納得してもらった。
 店頭以外でも売れ行きは快調だった。商品を卸している高島屋日本橋店では、メンチサンド2個入りを15箱から30箱に、メンチカツを20個から40個に倍増し発注。揚げていない生のメンチ10個、メンチサンド4個入り10箱と併せて午後2時ごろには完売した。
 決勝のレースを従業員らは店舗奥にあるテレビで観戦。偉業の瞬間、全員でハイタッチをして歓喜の輪を作った。さらに2軒隣にある米穀店2階で即席パブリックビューイングを開催。12畳ほどのリビングに報道陣も含めて約50人が詰めかけ声援を送った。
 「肉のきたじま」は従業員が五輪応援で北京に行くため、12日から18日まで臨時休業。本店で“北島印メンチ”を味わえるのはしばらく先になる。
(デイリースポーツより引用)

金メダルを取って、それプラス実家も繁盛!!言うことなしですね
posted by Milk at 13:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング
ファン
【免責事項】
当サイトは記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。また、サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。 万が一不適切な記事、リンク等がありましたら早急に対応いたしますで、恐れ入りますがご連絡をお願い致します
Powered By 画RSS
くる天 人気ブログランキング
ブログパーツ 無料レンタル