<芸能人!気になるニュース!>

2008年08月12日

体操

 【北京・小坂大】北京五輪は第5日の12日、体操の男子団体総合の決勝があり、日本は銀メダルを獲得したが、前回アテネ五輪に続く連覇は逃した。優勝は中国。日本は60年ローマ五輪から76年モントリオール五輪まで5連覇を成し遂げ、アテネ五輪で28年ぶりに金メダル。今大会で7回目の優勝を飾れば、旧ソ連時代を含むロシアの6回を抜いて最多となるはずだったが、得点が伸びなかった。

 4年前の金メダルメンバーは冨田洋之(セントラルスポーツ)とあん馬のスペシャリストと言われる鹿島丈博(同)の2人。これに19歳の新鋭・内村航平(日体大)、坂本功貴(順大)、沖口誠(コナミ)、中瀬卓也(徳洲会)の4人が加わって本番に臨んだ。

 日本は9日の予選でミスが相次ぎ、中国に5点以上の大差をつけられて2位。予選の得点は決勝に持ち越されないものの、実力的に厳しい展開が予想されていた。この日も最初の種目である床運動では中国を上回ったものの、あん馬で逆転され、4種目めの跳馬では鹿島、坂本が着地で大きく乱れた。中国は最初は硬さも目立ったが、次第にリズムを取り戻し、得点を伸ばしていった。5種目を終えて3位の日本は最後の鉄棒で2位の米国を逆転した。

 決勝は登録6選手のうち、種目ごとに3人が演技し、3人の得点がすべて反映される「6・3・3方式」で行われた。5人が演技し、上位4人の得点が採用される「6・5・4方式」の予選とは異なってミスが得点に直結する重圧もあり、日本は要所でのミスが響いた。
(毎日新聞より引用)

銀メダルでもさすが!!個人でもしっかりやってくれることでしょう
posted by Milk at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング
ファン
【免責事項】
当サイトは記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。また、サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。 万が一不適切な記事、リンク等がありましたら早急に対応いたしますで、恐れ入りますがご連絡をお願い致します
Powered By 画RSS
くる天 人気ブログランキング
ブログパーツ 無料レンタル