<芸能人!気になるニュース!>

2008年08月13日

ソフトボール

 ◆北京五輪 ソフトボール1次リーグ 日本4−3オーストラリア(12日、豊台ソフトボール場) 日本はアテネ五輪初戦で敗れたオーストラリアを4−3で破り、1次リーグ初戦を白星で飾った。

 日本は1回1死二、三塁で4番の馬渕智子(26)=日立ソフトウェア=が左中間に先制3ラン。2回にエースの上野由岐子(26)=ルネサス高崎=が本塁打2本を浴び同点に追いつかれたが、2回裏に1死一、三塁から狩野亜由美(23)=豊田自動織機=の二ゴロの間にしぶとく勝ち越した。

 調子がいまひとつだった上野は結局1点差を守り切り、完投で初戦勝利を挙げた。

 4連覇を狙う米国はベネズエラに11−0の5回コールドゲームで大勝。米国はフィンチ−アボットの継投で無安打に抑え、打線も3本塁打を含む11安打と爆発した。メダル候補のカナダも台湾に6−1で快勝した。

 斎藤春香監督「オーストラリアに前回の初戦の雪辱をひとまず果たせた。初戦を勝てたことは大きいし、次につながる。開幕戦は独特の緊張感がある中で、選手はよく戦ってくれた」

 山田恵里主将「初戦を取れてよかった。すごく大きい。自分が打てなかったから、流れが苦しくなったと思う」

 上野由岐子「勝ったけど、みんなに助けてもらった。今日の3失点を次に生かさないと。3回以降は落ち着いて投げ、修正できた」

 馬渕智子「必ず自分にチャンスが回ってくると思っていた。(本塁打は)とにかく思い切り振った。打撃の感覚は良くなっている」

 広瀬芽「1点をしっかり守り切れた。接戦を勝てたのが大きい。決勝点の場面は相手捕手の走塁妨害。スライディングをブロックされた」
(スポーツ報知より引用)

前回、金メダルがとれなかったからここでとらないとだめでしょう
開会式リハーサルでもなんかやらかしたみたいだし
名誉挽回ですね

ソフトボール特集
ラベル:ソフトボール
posted by Milk at 06:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング
ファン
【免責事項】
当サイトは記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。また、サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。 万が一不適切な記事、リンク等がありましたら早急に対応いたしますで、恐れ入りますがご連絡をお願い致します
Powered By 画RSS
くる天 人気ブログランキング
ブログパーツ 無料レンタル