<芸能人!気になるニュース!>

2008年08月13日

星野ジャパン

初戦となる13日のキューバ戦を前に、北京五輪野球日本代表の星野仙一監督(61)が12日、監督会議に出席。1時間前に交換したメンバーを、5分前の交換で2人まで変更可能となったことに強い憤りを示したが、「日本は正々堂々と戦う」と力強く宣言。記者会見では「ここにわれわれの名を刻みたい」と改めて金メダルに意欲を見せた。

 決戦の幕開けを前に、闘将のハートに火がついた。午前9時に始まった監督会議は、10時ごろに終わる予定を、1時間以上もオーバー。星野監督は「幼稚園のミーティングみたいや」と顔をしかめた。何より強く憤ったのが、あいまいな“紳士協定”の継続だ。

 「2人までは代えられるって。1時間前の提出の後にな。スポーツマンシップとかフェアプレーとか言っといて。3人目からは罰金(1人につき1000ドル=約11万円)らしい。日本も? アホらしくてやっとれん」

 昨年12月のアジア予選、韓国戦。開始1時間前のメンバー交換後、5分前の交換で韓国は2人も変更。打順も大幅に替えた。故障などの場合の救済措置の“抜け道”に、本戦での禁止を訴えてきたが、シラー会長も出席したIBAF技術委員会の結論は、スポーツマンシップに乗っとって故障以外ではやらないよう要望するだけだった。

 「(意見は)言ったよ。ダメと決めればいいのに。何でもかんでも言い訳して…。日本の常識ではダメということ。日本というよりスポーツの常識やけどな」。沸き上がる怒り。しかし同時に、日本の揺るがない方針も改めて誓った。

 「決まったことやからどうにもならん。日本は正々堂々と戦う!! 国際試合では、それじゃアカンと言われるかもしれないけれど、おれらはそういうことに、慣れていない。相手がやってきても構わない」

 ルールなのだから何をしても勝て、という考えもある。しかし、それはポリシーに反する。自身の、子供のころから学んできた日本の野球に反する。会議後。ジャパンハウス内の前日会見で、韓国メディアから韓国の注目選手を問われると、笑顔でこう返した。

 「特別はないが…。メンバーを代えないことが望ましいですね! 今回はそういうことはないと思いますが」。強烈な一撃で、会場を笑いに包んだ。これが仙流だ。

 「北京五輪で野球はひとまず最後になる。そこにわれわれの名を刻みたい」

 この場所に、最も輝くメダルとともに日本の野球を刻む。正々堂々と、そして力強く−。(サンスポより引用)

まあ外国はにほんほどきちんとはしていないということよ
星野さん
まあ金メダルをそれでももらってきてよ
posted by Milk at 09:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング
ファン
【免責事項】
当サイトは記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。また、サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。 万が一不適切な記事、リンク等がありましたら早急に対応いたしますで、恐れ入りますがご連絡をお願い致します
Powered By 画RSS
くる天 人気ブログランキング
ブログパーツ 無料レンタル