<芸能人!気になるニュース!>

2008年09月03日

相撲界さらに激震?

「若ノ鵬事件」の余波で、角界に再び激震が走った。2日に行った日本相撲協会の再発防止検討委員会の薬物抜き打ち尿検査で、若ノ鵬と同じロシア出身の露鵬(28)=大嶽部屋=と、十両の白露山(26)=北の湖部屋=の兄弟から、大麻使用の陽性反応が出た。警視庁も2人が所属する部屋に相次いで家宅捜索に入った。

 再発防止検討委員会は若ノ鵬逮捕直後の8月19日に、若ノ鵬と同郷のロシア出身力士全員の事情聴取をしたばかりだった。協会のアンチドーピング委員も務める大西祥平・慶大教授は会見で「直前まで使用していたとみられる」と話しており、教訓が全く生かされていない状況を露呈した。

 会見には大西教授のほか日本相撲協会の再発防止検討委員会の伊勢ノ海委員長(理事)、友綱副委員長(理事)、秀ノ山副委員長(役員待遇)の4人が出席した。

 2日午後1時から、大麻、覚せい剤(メタフェタミン、アンフェタミン)の3種を検出するための尿検査を十両以上の関取69人に対して実施した。その結果、露鵬と白露山について大麻について陽性反応が出たという。露鵬と白露山は「検査に納得できない。身に覚えがない」として再検査を要請。露鵬は3回、白露山は2回同じ検査をしたが、いずれも陽性となった。この段階で、警視庁に通報し、さらに精密な検査をした。覚せい剤の成分については反応がなかった。

 精密検査の結果については、早ければ48時間以内に結果が出る。尿検体は警察からの要請があれば提出するが、大西委員は「ここ2〜3日での使用でないと簡易検査では出ない」と、直近での使用の疑いを示唆した。

 露鵬の師匠・大嶽親方(元関脇・貴闘力)は「まだ報告を受けていない」と話し、白露山の師匠・北の湖理事長は「以前に調べた時には何もなかったのだが」と話した。

 ◇報道陣の問いかけに答えず…

 白露山が所属する東京都江東区の北の湖部屋には、2日午後11時55分ごろ、警視庁の車2台が到着。報道陣のフラッシュを浴びながら、捜査員数人が部屋に入った。5分後、白露山が別のワゴン車で到着。後部座席から浴衣姿で降りると、報道陣の問いかけには答えないまま、うつむいて足早に部屋に入った。

 帰宅途中の会社員男性(38)は「相撲協会理事長の部屋で問題が起こるとはとんでもない。北の湖親方が理事長を辞めないと示しがつかない」とあきれた表情だった。

 また、50メートルほど離れた同区内の大嶽部屋には午前0時過ぎ、露鵬が警視庁の車で送られてきた。報道陣が取り囲んで「大麻はどうなんですか」と質問したが、一切答えず、捜査員に付き添われて部屋に入った。(毎日新聞より引用)

やはりというしかない
ロシア繋がり
ロシアを馬鹿にしているわけでもない
でも、きちんとした検査で出ているわけだからなんとも言えない
若ノ鵬の発覚以降もとなると・・・
相撲界はおしまいか???





パソコンスクールアムリタのeラーニング



ラベル:相撲
posted by Milk at 01:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング
ファン
【免責事項】
当サイトは記事等を個人で楽しむ目的で運営しておりますが、その著作権は引用元にあります。また、サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。 万が一不適切な記事、リンク等がありましたら早急に対応いたしますで、恐れ入りますがご連絡をお願い致します
Powered By 画RSS
くる天 人気ブログランキング
ブログパーツ 無料レンタル